ストラクチャー新作 - 仕業検査庫

0

    鉄道模型フェスタに向けて追い込みだというのにあたらしい建物を設計してみました。



    材料はおなじみのボール紙(ミューズ  黄ボール紙)にメーカー不明の厚紙とウルトラボブと呼ばれる波板を使いました。(レモン画翠で入手)。プロトタイプは新鶴見機関区の8/9/10番検修庫をセレクト。資料はSHIN企画の例の本。


    本来はまじめに骨組みを組んだ上にスレートを葺くんだけども面倒なので壁を先に作る工法を採用。建物の真ん中はちゃんと梁をいれてます。


    で、スレート表現のウルトラボブを貼り付けてできあがり。


    屋根と壁の窓サッシ部分は別パーツとし、立体感を表現、銀色で色サシをすると効果的。



    基礎からある程度の高さまではコンクリートブロックによる壁なので厚紙のみで表現。



    角部分に役物を貼り付けて完成。ここまで1時間ほど。


    で、並べる。















    窓からニーナをちらり。




    いくらか改良ポイントがあるので量産は年明け以降ですね。。。  バリエーションで2線用だったり点検台を屋根からぶら下げたタイプ、あとは台車検修庫などもラインナップにいれませう・・・。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM